\いつでも・どこでも!「ちぇぶら」のセルフメンテナンス/


更年期に起こる心身の不調は、女性ホルモンの急激な低下に加えて、自律神経の乱れのダブルパンチ。この時期にあらわれる不調は病院で検査をしても異常が見つからないことがおおく、つかみどころがないことから「不定愁訴」とも言われます。更年期の症状は、気圧や気温の変化、ストレスに影響されやすいため、あらわれる症状も日によって変化したり、症状が複数重なることもめずらしくありません。

 

そこでオススメしたいのが自分でできるセルフメンテナンスです。調子がいいときもぜひ予防の一つとして実践して、「今」だけでなく自分らしい「これから」の健康に役立ててください。セルフメンテナンスは、傾きがちな体調を整えることにも役立ちます。困った時に多くの選択肢があると心強いです。セルフメンテナンスはひとつと決めず、自分にあうものをいろいろ試してみるといいですよ☆

\ 無料配信 /

電車の中や、家事や仕事の合間にできる簡単セルフメンテナンス術!日頃の健康づくりにお役立てください。

①自律神経を整える呼吸法(初級)

②肩こり解消法

③骨盤を整える・尿漏れ予防


\ You Tube チャンネル登録お願いします! /


 

セルフメンテナンスで症状が改善しないときは…

 

更年期に感じる心身の不調は、セルフメンテナンスでやわらぐものも多くあります。しかし、なかには普段の生活に支障がでるほどの辛い症状もあります。そんなときの強い味方は婦人科・更年期外来です。助産院も相談にのってくれます。ただし、ドクターや病院とは相性があります。更年期への理解のないところですと、心ない言葉に傷ついてしまうことも。そういうときは気持ちを早めに切り替えて安心して相談できるドクターをさがしましょう。

 

40才になったら、月経が順調でまだ心身に不調があらわれていなくても、婦人科医やパーソナルドクターを探しはじめるのがおすすめです。年に1度、婦人科検診を受けていれば、自分の体調も把握してもらいやすいです。尿漏れなどデリケートな不調があらわれたときも気軽に相談しやすくなります。

 


更年期の情報とエクササイズ方法や体験談の書かれた冊子「更年期の教科書」。おかげさまで、全国各地、多くの皆様より注文をいただいております。

詳しくは「ちぇぶらショップ」より。

(ちぇぶらの講座に参加された方は、講座でもお買い求めいただけます)

 

スポンサードリンク