更年期や更年期障害と症状、対策。

更年期とは?(女性編)

更年期は全員が通る道です。女性の閉経の前後10年、おおよそ45歳〜55歳の時期のことをさします。この時期心身に不調を感じる女性は90%。「辛い」と感じる4人に1人は日常生活に支障が出る更年期障害になる時期です。しかし症状は、個人差が大きく種類も多様。つらいと感じても「我慢」してやり過ごす方が大半です。

 

社会の変化とともに、女性の生き方や働き方も多様になっている今、体の不調による歪みは、本人が感じるだけではなく家庭や職場にも大きな影響を与えています。


ちぇぶら「更年期を振り返って」アンケート(n=1014)
ちぇぶら「更年期を振り返って」アンケート(n=1014)

そこで『ちぇぶら』は、更年期を迎える方々に本当に必要な、①運動の機会・②正しい情報を知る機会・③コミュニティの機会を提供する「更年期サポートプログラム」を研究・開発・普及しています。



どんな症状があるの?

更年期症状は、女性ホルモンの急低下と自律神経が乱れのダブルパンチによって、200〜300種類もあると言われています。女性ホルモンも自律神経も、全身の様々な機能に関わっています。そのため、それらのバランスが崩れれば、心やカラダに様々な症状が出てきます。

 

中でも、「更年期では?」と感じた不調の中で、身体面では「疲れやすくなった」、「肩こり・腰痛」、精神面では「怒りやすく、イライラする」「くよくよしたり、憂うつになった」と感じる方が多いようです。これ以外にも、のぼせ、発汗、不眠、動機、めまい、月経不順、不正出血頭痛、皮膚の乾燥、湿疹、粘膜の乾燥(目や鼻、膣乾燥感)、かゆみ、シミ・くすみができやすい、手足のこわばり、しびれ、腰や手足の冷え、気持ちが沈む、物忘れ、尿意を感じやすくなるなど、一見すると更年期とは思えない症状もあります。

女性ホルモンの低下と自律神経の乱れ
女性ホルモンの低下と自律神経の乱れ


更年期と間違いやすい病気

 更年期症状だと思っていたら、実は他の病気のサインだったというケースもあります。病気の早期発見のためにも、原因が特定できない体調不調が続くときは婦人科や女性外来で相談をしてください。

 また、閉経後、卵巣の働きが停止すると私たちの健康を守ってくれる役割の女性ホルモンの分泌はほぼ0になります。これにより、コレステロール、血圧、骨量にも変化が出てきます。カラダは内側から大きく変わってきます。更年期以降は、食事や運動、睡眠など基本となる生活習慣を見直すことが、この先長く続く人生を健康に快適に過ごすためには必要不可欠です。


これから長く続く人生のために

健康は一人一人の基本的な人権です。すべての人は自分の人生、自分の健康を自己決定する権利があります。しかし私たちは頑張り屋さんで、「今は仕事で忙しいから」「介護や子育てで忙しいから」と自分のことをつい後回しにしてしまいます。人のために優しくすることは素晴らしいことですが、それで無理をして体調を崩してしまったり、自分が不機嫌になったりしていたら本末転倒です。

 

 まずは、「更年期」は誰もが通る時期なのだと自覚しましょう。そして自分自身のココロとカラダを快適に保つ知恵と工夫をしませんか?更年期以降も、人生はこの先まだまだ長く続きます。自分の仕事や趣味・家庭や社会参加を大切に、自分が望むライフをデザインしていきましょう。

更年期症状を自己チェック

(引用文献)小山嵩夫:更年期・閉経外来‐更年期から老年期の婦人の健康管理について‐,日本医師会雑誌109:259-264,1993
男性更年期の自己チェックシートはコチラ



もっと詳しく知る

ちぇぶらショップより

KO-NENKIの教科書(500円)

全40ページをご活用ください。

コチラです。

The change of life!

更年期は人生が輝くチャンス

大人のワタシを楽しむメディア『WOMe』で、

永田京子が更年期に関する専門家コラムの連載を執筆中です。

合わせてご覧ください。

コチラです。


コーネンキ体験談

コーネンキ相談室

ちぇぶら通信 無料メルマガ登録

おとな女子川柳

お問い合わせ