2019年 更年期ライフデザインファシリテーター
養成コース募集要項

養成コースでは、女性ホルモンと更年期の対策を深く学び、「伝える」技術を身につけます。

社会からのサポートが薄い更年期サポートを、講師として私たちと一緒に広めていきませんか?

更年期ライフデザインファシリテーターとは


更年期をチャンスにしてより健康で豊かな人生へと導くために、中立的な立場からライフスタイルをサポートする役割をもちます。

からだの変化や心とからだをケアする実践的な方法を伝え、長期的に人生を捉えて「自分らしく充実している豊かな状態」を目指せるよう動機付けることや、そのためのサポートを行います。

更年期ライフデザインファシリテーターになると、自治体や企業、学校などで講演会を開催できます。講演会以外にも、新聞やラジオや雑誌に出たり、海外での講演活動など、現在認定講師はさまざまなところで活躍しています。 ▶︎実績はコチラ


ちぇぶら養成コースの特徴


①更年期についての専門性の高い知識

医師等、専門家の協力を経たカリキュラムで、専門性の高い知識が得られます。 

 

②初心者でもわかりやすい!
 動画で何度も復習できる安心の環境

難しい専門用語の羅列ではなく、一般の方にもわかりやすく伝えやすい内容です。受講期間中は、動画で教室の内容を繰り返し無料で受講できるのため、講座についていけるか不安な方にも安心です。

 

③教室開催に向けた充実のサポート

認定後できるだけスムーズに教室を開いていただけるように、

教室開催の手順書や投影用の資料を提供しています。希望者には認定後3ヶ月間を目安に教室開催に向けてのサポートを行なっています。


養成コース概要


■日程(10期生)

 2019年 7月20日、21日・8月24日

 試験 :2019年9月21日

 時間:それぞれ 10:30-16:30
  ※3か月間、毎週オンラインで課題が配信されます。

■会場:アルベロ会議室(渋谷駅 徒歩5分)、他

住所:東京都渋谷区道玄坂2-15-1

■受講資格:ちぇぶら会員 

■料金(税込):154,600円

(受講料、教材費、試験料、登録料、名刺代、ディプロマ(認定証)、保険料もこの中に含まれています)

※次年度より、年間更新料2万円

■定員:最大8名

 

※その他、毎週オンラインで課題が配信されます。


■メイン講師

永田京子(ちぇぶら代表理事)


※5名以上受講希望者がいる地域では、講師が出張をして養成コースを開講いたします。お気軽にお問い合わせください。

受講までの流れ


① ちぇぶら会員になる

エントリーシートを記入・送信
選考の過程で、電話やメール・オンライン面談を行う場合がございます。
③ 選考を経て、事務局よりメールでご連絡

 ④ 受講料のお支払い

 ⑤ スクールスタート

※生活環境や適性により、もしも途中でリタイアしてしまっては、お互いにとって残念ですので、認定までの学習継続が難しいと判断した場合は、受講をお断りする場合がございます。ご了承ください。

こんな方にオススメ

✔︎ 健康や更年期を伝える講師として活動したい

✔︎ 人に「伝える」ことが好き

✔︎ 現在持っているスキルに強みを持たせて活動したい

例)セラピスト、医師、助産師、理学療法士、歯科衛生士、健康運動指導士、健康運動実践指導者、会社員、保育士、専業主婦、スポーツクラブのインストラクター、ピラティスやヨガインストラクター、エステティシャン、劇団員、俳優、声優、レポーターなど

✔︎ 新たな仕事や副業の開拓にチャレンジしたい


エントリーはこちら


※上記から申込みができない場合は、

info@chebura.comまで、【ちぇぶらスクールエントリー】の件名で、①お名前、②参加希望日、③メールアドレス、④お電話番号をメールしてください。折り返しご案内をお送りいたします。

 

よくある質問と回答はコチラです。

ちぇぶら養成コース卒業生の声


「 自分の健康のために、更年期の知識を得たいとの思いで、更年期ライフデザインファシリテーター養成講座を受講しました。この3ヶ月間は、想像していた以上に忙しく、そして充実していました。この年齢になって、一生懸命勉強するということが、いかに大変かを実感するとともに、まだまだ出来るのだという自信にもなりました。何より、勉強している姿を見ていた子供たちから、褒めてもらったことが励みになりました。また、仲間とのレクチャー練習は緊張しながらも楽しい時間であり、お互い助け合いながら前に進み、認定を頂くことが出来たと感謝しています。今後は、助産師という立場から、産後のホルモンの乱れで辛い思いをされているママたちや、これから更年期を迎える方に、学んだ知識やエクササイズをお届けし、更年期を前向きに迎えて頂きたいと考えています。また、自分と同年代の更年期まっただ中の女性と、共感しながら、ともに自分らしい人生を歩めるように一緒に学んでいきたい思います。」(きうちまみさん【助産師】 )

フルタイム勤務と残業と育児をこなしながらの養成コースの受講は想像以上に過酷でした。毎週の課題の期日と仕事の休みが合わず、追いつけないこともしばしば。。。

でも同期の仲間に引っ張ってもらいながら、なんとか認定試験まで走りきることができました。途中、仕事での欠員フォローや夏休みのお弁当づくりが重なり、養成コースに参加したことを後悔した時期もありましたが、振り返ってみると、とても充実した期間であったように思います。養成コースでは、知識の習得と同時に「伝え方」も学びます。人前で話すことが苦手な私にとって、「自分が講師として話す」ということは苦痛以外の何ものでもなかったのですが、それ以上に「伝えなければ」という意識が大きかったと思います。初めて「人前で話す」ことに挑戦してみて、「伝え方」や「表現」について学ぶことができ、また、努力した分だけ、成果が得られるものであることを実感しました。認定講師の資格は得ましたが、これからがスタートです。更年期についての学びを続け、より分かりやすくお伝えできるよう取り組んでいきたいと思います。(くまのみや子さん)

 月~土フルタイムの仕事、三人の子育て、筋トレ、ベリーダンス、男女共同参画情報紙の編集長、女性団体の設立など、忙しい理由は盛り沢山。でも全部自分が好きで選んだことだから、全部取り組んだままちぇぶら認定試験に合格する!という欲張りな気持ちで取り組みました。そのぶん、ちぇぶら動画→音声データ化してCDに焼いて車で耳勉強、さらに音声→紙にして持ち歩くなど、時間が無くても工夫と集中で大丈夫です!講師の皆さんの温かいご指導、事務局の方の丁寧な手続き、同期の仲間とのつながりも大きな力になりました。今後の意気込みは、第1に、自分自身がしっかりと更年期ケアについての知識・技術を深めます。第2に、家族、友人、職場の仲間たちなど、身近な理解者を増やします。第3に、受講者にはメールやSNSで情報提供を行い、リピート参加や口コミ参加を促します。SNSを活用して受講者グループを用意し、受講者とファシリテーター、または受講者同士のコミュニケーションが取れるようにします。第4に、地域では産学官に広くPR活動をします。産(企業)では更年期ケアについての費用対効果を具体的に提示します。学(学校・教育機関)では保護者や教職員にアプローチを行います。官(自治体)では前例が無い事柄に慎重であるため、ちぇぶら全体としての実績や他の自治体の事例も含めて説明します。PRの質・量・タイミング・継続を意識しながら、行動し続けます。(伊藤ゆきえさん)

「自分の体に起きている症状が、単なる体調不良なのか?それとも更年期症状なのか?

45歳を過ぎて急に押し寄せた様々な症状に最初は途方にくれました。様々な情報を探す中、ちぇぶらを知り、すぐに更年期ナビケーターコースに参加。参加したその日に、次はファシリテーターになろう!と思いました。それくらい、ちぇぶらでの知識は私を助けてくれました。そしてこれをたくさんの女性たちに届けなければ!と思いました。

こんなに熱い思いで入った養成コースでしたが、予想外に大変でした。毎週の課題と制作物をこなしつつ、ウェブでのレクチャー練習・・・。練習すればするほど、もっとわかりやすく伝えたい・・の思いが出て、メンバー全員猛練習の毎日、この間、私のサロン業務はほぼストップ(笑)。講師の永田さん、ひろえさんの熱いご指導と、同期メンバーの頑張る姿に引っ張ってもらって、やっと認定試験にこぎつけた、というのが実感でしたが、とても濃い2ヶ月でした。養成コースでは、更年期の知識・エクササイズはもちろん熱い思いの仲間に巡り会えたことも私にとっては宝物です。今後は、養成コースで学んだ知識を一人でも多くの女性たちに届けて健やかに歳を重ねる仲間を増やしていきたいと思っています。」

( 坂梨朋子さん)

「想像以上に大変な学びの時間でした。ですが、もっと早く出会いたかったことだとも思いました。初めは自分のこれからを思って学びたいと思いましたが、養成講座を受講してからは更年期についてより多くの方に伝えることの重要性を感じました。更年期症状の不調を相談する事ができない方、忙しいからとやり過ごしている方、周りに理解を得るのが難しい方など1人でも多くの方の応援が出来るよう努力したいと思います。そして、更年期を理解する事で症状のある方もない方もみんなが理解しあえると嬉しいです。」(長野弥生さん)

ライフスタイル別のはたらき方


「時間に縛られない働き方」で自分の好きな場所・好きな時間でフリーランスとして活躍できる。副業としてや子育ての合間に「ライフスタイルの変化や年齢に関係なく長く続けられる」ことも、更年期ライフデザインファシリテーターの魅力です。

 <フリー> 複数のスタジオや企業、自治体、医療機関にて開催「数カ所のスタジオで定期的に開催したり、自治体や医療機関へ出張講座を行っています。また、この秋は大手食品メーカーとコラボし1都4県のツアーセミナーを行いました。」

「市内のPTA家庭教育学級へPRに行ったところ、5件の開催先が決まりました!」

 

<子育て中> 開いた時間・場所を使って開業:「自宅の一室を使って、指導しています。子どもがまだ小さく、時間の制約がある中ですが、子育ても家事などプライベートを大切にしながら働けています。」「地域の場所を借りて定期的に開催しています。開催までの準備はありますが自分でスケジュールを決められるのがとても嬉しいです。」

 

<副業として> 平日はOL。開いた時間に活動「平日は派遣のお仕事をしています。土日や、夜など、開いた時間に副業として活動をしたり、仕事仲間や友人に伝えています。」


認定講師の活躍の様子


認定講師の活動の一部をご紹介いたします。

東京ドームシティで対策エクササイズを行いました。

多くの方にご参加いただきました。

出産後の母親を対象とした講座を開催しました。赤ちゃんと一緒に参加でき、更年期を学び、備えます。


講座開催の様子がいわき市の新聞に掲載されました。

朝霞市生涯学習・スポーツ課で男性更年期セミナーを行いました。

Cwave《ビューティレンジャーズTV》に出演


さいたまスーパーアリーナ「笑顔で働きたいママのフェスタ」にて登壇。エクササイズと更年期のセミナーを行いました。

朝霞市女性センターでセミナーを開催しました。

PTA家庭教育学級で「更年期健康講座(エクササイズ付き)」を行いました。


新潟市中央区本町の呉服店さまが定期的に開催されるイベントで更年期セミナーをさせて頂きました。40代から70代までの女性がご参加下さいました。

大阪市西区保健福祉センターでちぇぶらの講座「更年期を楽しく健康に」を実施させて頂きました!

東京都中央区立女性センターで【気持ちすっきり!ココロとカラダ~ホルモンバランスを学びエクササイズで身体の調子を整えましょう~】を開催しました!


東京都よみうりカルチャー北千住さまの公開講座で更年期講座を開催させて頂きました。

埼玉県 川越ウエルシア薬局株式会社の協力のもとウエルカフェで講座を開催しました!

東京都 「こころ」と「わたし」の声を聞く~心とカラダのトリセツ教室~3回の連続講座が多摩市永山公民館で行われました。



ぜひ、私たちと一緒に活動を広めていきましょう。あなたのエントリーを、お待ちしています!