NPO法人ちぇぶらについてのページです。


NPO法人ちぇぶらについて

経営理念

NPO法人ちぇぶらは、すべての人が『その人らしい充実した日々を過ごすことができる社会』を目指して、「更年期サポート」をはじめとした、女性の健康に関する社会問題の解決に取り組みます。

 

事業内容

1.教室事業:健康・更年期を知識と対策エクササイズでサポート

2.養成事業:伝え手となる講師の養成

3.啓発事業:イベントや講演会、執筆など更年期を広く伝える

 


団体概要

組織名:特定非営利活動法人ちぇぶら
設立:2014年4月(法人設立 2016年4月4日)
活動地域:東北・関東・北陸・中部・近畿・沖縄

会員:31名 
メールアドレス:info@chebura.com
電話番号:080-3483-7880
所在地:〒359-1144 所沢市西所沢1-17-20-1001

中部支部:〒485-0043 愛知県小牧市桜井本町50番地-505 
代表理事:永田京子

副代表:星名弘恵

アドバイザー:対馬ルリ子医師、やまがたてるえ氏


ダウンロード
NPO法人ちぇぶらの三折りリーフレット(表)です。
100% 表ちぇぶら三折リーフレット.pdf
PDFファイル 1.2 MB
ダウンロード
NPO法人ちぇぶらの三折りリーフレット(裏)です。
100% 裏ちぇぶら三つ折りリーフレット.pdf
PDFファイル 1.9 MB


NPO法人ちぇぶら代表理事について

永田京子(Nagata Kyoko)

NPO法人ちぇぶら代表理事 / 更年期トータルケアインストラクター

・日本女性ウェルビーイング学会代表

・NPO法人更年期と加齢のヘルスケア認定メノポーズ・カウンセラー

 

『NPO法人ちぇぶら』創設者。女性ホルモン・更年期の正しい情報と、対策エクササイズを分かりやすく楽しく伝える。全国の企業や医療機関、自治体などで講演を行い述べ1万5千人が受講している。経歴はピラティスや整体・経絡などを学び、10年以上の運動指導の経験を持つ。40代の女性たちの声、自身の母が更年期障害でうつになった経験から、更年期を迎える女性の健康サポートを目的とした「ちぇぶら」を設立。医師のもと女性の健康や更年期を学び、また1014名の女性たちの調査協力を経て更年期に本当に必要な “更年期対策メソッド”を研究・開発・展開。自宅の一室で始めた活動が30代~50代女性の口コミで広がり全国に展開している。「ちぇぶら」は更年期を英語でいう“the change of life”の意。愛知県在住、2児の母。


アドバイザー

ちぇぶらのアドバイザーとして、ご協力いただいている専門家の方々のご紹介です。

 

対馬ルリ子先生

(対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座院長/産婦人科医・医学博士/日本産婦人科学会 認定医/母体保護法指定医/NPO法人女性医療ネットワーク 代表理事)

青森県出身。1984年弘前大学医学部卒業、東京大学医学部産科婦人科学教室入局、都立墨東病院周産期センター産婦人科医長などを経て、2002年にウィミンズ・ウェルネス銀座クリニック、現女性ライフクリニック銀座開院。2012年女性ライフクリニック新宿併設。2003年に女性の心と体、社会とのかかわりを総合的にとらえ女性の生涯にわたる健康を推進するNPO法人「女性医療ネットワーク」を設立、全国約600名の医師、医療保健関係者と連携し、さまざまな啓発活動や政策提言を行っている。


やまがたてるえ氏

(助産師/バースセラピスト/チャイルドファミリーコンサルタント/NPO法人JASH 日本性の健康協会 理事/NPO法人ピルコン アドバイザー)

 地域の育児支援活動にかかわる傍らで、BLOGでの発信をきっかけに 初経教育の本「13歳までに伝えたい 女の子の心と体のこと」を出版。4年間で2万部以上のロングセラー。その他の著書に「15歳までの女の子に伝えたい自分の体と心の守り方」、「産後、つらくなったら読む本」、「ぽかぽか子宮の作り方。」。「いのち こころ からだ」をテーマとした女性性を語るお話会や子育て学講座、健康教育講演なども行っている。