· 

田村佳代のプロフィール

田村 佳代
Kayo Tamura

事務局長 / 更年期ライフデザインファシリテーター 

静岡県浜松市, 発信媒体 ちぇぶら浜松 / Instagram / Twitter / YouTube / note / stand.fm 

 

あだ名:ごきげん事務局長

Good At

更年期に入る前にちぇぶらと出会い、現在更年期お楽しみ中♪「みんなの笑顔のために、まずは自分自身が笑顔に!」ちぇぶら体操を生活に取り入れ、心身を整えながら、ちぇぶらの活動を広めるため、ちぇぶら認定講師が活躍するためならどんなことにも笑顔でトライ。

舞台「コーネンキの国のアリス」のワンシーン
舞台「コーネンキの国のアリス」のワンシーン

▼何をするのが好き?

おとな女子トークを聞くこと。愚痴や悩みのような話の中にも、もっとよりよく生きたい、人生を満喫したいという想いがあり、それが見え隠れしているのを感じるから。

 

今一番夢中になっているものは?

おとな女子川柳をつくること。体の変化や生活の中で感じることを、五七五にしたためることで、ネガティブに捉えてしまいそうな自分の感情を客観的な視点で捉えたり、可笑しんだりすることができるから。

 

人に言われて一番うれしかったのことは?

カラダやわらかいね!カラダがやわらかいとココロもやわらかいと信じてるから。

 

ちぇぶらの講師になろうと思った理由は?

ピンチをチャンスにすることができると思ったから!

 

今変えようとしている習慣は?

スルーしがちな何気ない日常の中にも笑いがあることに気づく習慣を身につけたい。悲劇と喜劇は紙一重。それを漫才にして、自分も笑顔、相手も笑顔、まわりも笑顔の輪を広げたい。ということで、漫才作りや漫才がうまくなるため様々な漫才を見て日々努力している。ん?ただ、笑ってるだけ!?

M-1グランプリの予選に出場
M-1グランプリの予選に出場

プロフィール

静岡県浜松市在住。3人の子どもの母。結婚前は、人形劇や演劇を仕事として活動。出産後、心身ともに大きく調子を崩したことではじめて自分の体や健康に向き合う。「ちぇぶら」でお伝えしている体のケア方法を実践しながら、自身のチェンジ・オブ・ライフをごきげんに過ごすことを目指している。

仕事実
メルマガ編集部, 公式LINE編集部

講座開催

三井化学東セロ株式会社 浜松工場

その他、主に浜松市内での講座開催
イベント
閉経会議「ちぇぶらすごろくで遊ぼう♪」

ちぇぶらシアター

漫才:株式会社シーテック, オンラインサービスUKA , 本「女40代の体にミラクルが起こる!ちぇぶら体操」出版記念パーティー, M-1グランプリ2018  (予選・敗退), 女芸人No1.決定戦 THE W 2018(予選・敗退)
舞台:「コーネンキの国のアリス」主演 アリス役など
Instagram: (@chebura_theater)おとな女子川柳

メディア

YouTubeちぇぶらチャンネル 出演
voicy  40代が美しく健康になるラジオ 出演