認定講師インタビュー【石川県/竹田加奈子さん】

 

体の変化や心と体をケアする実践的な方法を伝え、長期的に人生を捉えて「自分らしく充実している豊かな状態」を目指せるよう動機付けることや、そのためのサポート活動をそれぞれの地域で展開しているちぇぶら認定更年期ライフデザインファシリテーター。ちぇぶらの認定講師になるまでには、自分や家族の健康問題に直面した経験や、ちぇぶら活動との出会いがあります。現在、認定講師として活動している皆さんへインタビューしてみました。

【編集部】「こんにちは!ちぇぶら編集部です。今回は、昨年のちぇぶらスクール10期で更年期サポートを学び、石川県で活動されている竹田加奈子さんへのインタビューです。早速ですが、ちぇぶらと出会う前はどんなことをしていましたか?」

【竹田さん】「現在も平日は会社員として働いています。

プライベートでは、趣味でよさこいやPTA、部活動保護者会活動を行っていました。」

 【編集部】「お仕事に加えて、よさこいにPTAなどプライベートも充実されているのですね!では、ちぇぶらとは何がきっかけで出会ったのですか?」

【竹田さん】「PTA活動等が終わって、なにかしたいなと思ったときにちぇぶらの活動を知り合いからご紹介いただきました。」

 【編集部】「常にアンテナを高くしていらっしゃるからこそ、タイミング良く情報をキャッチされるのですね。では、他の団体ではなくちぇぶらを選んで活動している理由はありますか?」

【竹田さん】「更年期は必ず女性が通る道であるのにも関わらず、蓋をしたいもの、相談しにくいものです。そして、更年期についての「正しい情報」を知らないことを知り、これはみなさんに伝える必要があると考えたからです。」

 【編集部】「確かに!更年期というワードはなかなか話題にしにくいですよね。とはいえ、だれもが通る道。そのことに気づき講師となられる行動力は素晴らしいですね。では、更年期ケアを学ぶ中や、ちぇぶら活動の中で印象に残っていることはありますか?」

【竹田さん】「まず最初に友達に情報を伝えた後に、「すごく気が楽になった!もっと広めて♪」と言われたことです。みんな、知らずに悩んでいることを実感しました。」

 【編集部】「知ることが大事なのですね。まずは身近な人から笑顔にできるって素敵ですね。

      では、どんな想いでちぇぶら活動をしていますか?」

【竹田さん】「更年期で悩んでいる方々に少しでも身体も気持ちも楽になっていただきたいと想って活動しています。」 

 【編集部】「身体や気持ちが楽になると、より人生を楽しむことができますね。では、竹田さんご自身のこれからの夢や目標を教えてください。仕事でも、ライフワークでも、人生でも!」

【竹田さん】「私が生き生きと更年期を過ごすことで、みなさんに希望を与えられたらと思っています。」

 

 【編集部】「まずは自分自身が生き生きとすごす!それって本当にまわりの希望になりますね。

では、おすすめのちぇぶら体操を教えてください。」

 【竹田さん】「オススメは「肩こり解消ケア」です。トイレでちょこっとやるとすっきりします。顔色もよくなりますよ。 」 

 【編集部】「顔色大事ですね!最後に、ちぇぶら講座の受講を考えているかたへメッセージをお願いします。」

 【竹田さん】「 更年期のつらい時期を乗り越えるヒントがあると思います♪ 明日の自分を楽にしてあげるために、ぜひぜひ受講してみてください。」 

 【編集部】「ありがとうございました。これからも頑張ってください!」